2007年11月アーカイブ

弊社製品搭載の白色LEDについて。



平素は、お引き立ていただき誠に有難うございます。

弊社使用の白色LEDについてご報告させていただきます。



株式会社スターリング(以下、弊社)では、旧来より日亜化学工業株式会社(以下、日亜)製と、LED素子部分にアメリカCree社(以下、Cree)製の素子を使用し、蛍光体部分に独自技術を利用したCOTCO社(以下、COTCO)製の白色LEDランプを使用しておりました。

2007年4月2日に日亜が弊社使用のCOTCO製のLEDランプが、日亜の特許に抵触するとして、東京地裁に侵害行為の停止などを求める仮処分を申し立てるに至りました。

しかしながら、この申し立ては、日亜側が2007年4月27日に仮処分申し立てを取下げており、この問題は解決済みとなっております。


さらに、COTCOにつきましては、2007年4月1日付けでCreeの完全子会社となっております。

Creeにつきましては2002年青色LEDで、2005年には白色LEDで日亜化学工業とクロスライセンスを結んでおります。





なお、2007年9月17日にはCree社と日亜化学工業より、白色LEDのクロスライセンス拡大について合意した。

とのリリースも発表されており、この中に、当社が現在使用しているCREEの完全子会社であるCOTCO製LEDについても互いのクロスライセンスの範疇に入っており、過去の販売分においても特許問題が解決した。と明記されております。




 
以上の事からも、弊社使用の白色LEDランプは国内における販売において、どの特許にも抵触していない白色LEDランプを使用しているものと考えております。





今後とも皆様のご理解と、さらなるご協力をよろしくお願い申し上げます。



2007年11月5日