株式会社スターリング

ごあいさつ

東日本大震災で被害に遭われた方々に心よりお見舞いを申し上げると共に、犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。また被災地域の一日も早い復興を祈念致します。

弊社では以前からアウトドアグッズの一つとしてラジオライトを取り扱ってまいりました。当初はキャンピング用品として重要視されていなかったラジオライトが95年の阪神・淡路大震災をきっかけに防災用品として注目を集め、記念品として、ギフトとして多くのお客様に安心安全をお届けしてまいりました。04年の中越地震では手巻き充電、ソーラー充電に携帯電話への充電機能を備えた弊社のラジオライトが防災用品として再び注目され、記念品だけでなくご家庭や企業さまでの災害に対する備えとして、安心安全をお届けすることが出来ました。

それまでの電力各社の停電防止・復旧ならびに電力供給に対する努力をはじめ、IT化を初めとする情報化社会の飛躍的な発展に伴って、停電が発生しにくく、IT化によってネットであらゆる情報が収集できる世の中となり、『たとえ災害時であっても、もはやラジオライトは必要ない』と風潮が広まりました。私共も安心安全をお届けするラジオライトの社会的使命は終了したという認識が生まれつつありました。

そんな中、発生した東日本大震災では多くの方々が、思いも寄らない停電に悩まされたり、日常生活からは想像できないほどの情報不足に悩まされたりと、結果として尊い命を失われた方もおられたと聞き及んでおります。こうした思いがけない災害への対策にぜひともスターリングのラジオライトに安心安全を届けさせていただければと存じます。

災害時にはまずラジオで正しい情報を収集して、停電時にはLEDの明るい光を活用していただく事をお心がけください。それだけできっと安心安全が広がるはずです。

今後とも安心安全をお届けできるように邁進して参ります。

代表取締役 吉井啓人

Copyright© 2012 Sterling inc. Allright Reserved.