飛沫の拡散防止と猛暑対策を両立したマスクーラー新登場

マスクに着けるだけで息ラクラク!! マスク内の温度を下げるから酷暑対策にピッタリ!!

マスクーラーとは

マスク内の温度を下げ、『息苦しさ』や『暑苦しさ』『蒸れ』を軽減し、
長時間の装着も苦にならないようにする為の、マスク用の補助器具です。
アロマ機能付きで、アロマシートに好きなアロマオイルを垂らせば、マスクを着けたままで
いつでもお好みの香りに包まれます。
※アロマ機能はMD-34シリーズのみです。

ラインナップ

  • MD-34-0102-AR画像

    MD-34-0102-AR1セット入

  • MD-34-0306-AR画像

    MD-34-0306-AR3セット入

  • MD-34-1530-AR画像

    MD-34-1530-AR15セット入

  • MD-30-1530-ST画像

    MD-30-1530-ST15セット入

特長

  1. 特許取得 の新技術で呼吸時に発生する熱気をマスク外に排出します。
    ※ 特許第6857926号
  2. マスクの側面に挿入するタイプだから、鼻や口の形に左右されずに簡単に装着できます。
  3. 3mm厚までなら布マスクやウレタンマスクにも装着可能です。
  4. 丸洗いOKで、くり返し使えます。さらにアルコール消毒も可能です。
    ※アロマシートは洗ってくり返し使えません。
    ※本体は消毒用のアルコールボトルと同じ素材です。
  5. クッションシートで、接地面に汗がたまりにくい設計です。
  6. 本体は安心の日本製です。

こんな状況での使用がオススメ

  • ご近所を散歩する場合。
  • 透明なスクリーンやカーテンなどで仕切られたレジなどで働く販売員の方。
  • 屋外などの密になりにくい施設誘導員の方や警備員など。

特にしっかり仕切られた状態や、密になりにくい屋外の誘導員や、警備の方に最適です。

  • ご近所を散歩する場合

  • レジなどで働く
    販売員の方々

  • 施設誘導員や
    警備の方々

  • スポーツ観戦など

開発経緯

  • なぜマスクは息苦しいのか?

    吐き出した息がマスク内に止まり、
    マスク内の空気の温度が上がり、
    その熱い空気を吸ってしまうため、
    息苦しく感じてします。

    長時間装着すると、マスク内が蒸れてきて不快感が上昇します。

  • 息苦しさの解消方法

    この問題の解決方法は、マスク内部の通気性を高めることです。
    ただし、通気性を高めることは、飛沫拡散のリスクも高まってしまいます。
    当初は、マスク下部方向に通風孔を設けた試作品を開発していましたが、
    大きな飛沫が下部方向へ落ちてしまう事がわかりました。

  • そこで、この問題を解決するために、
    排気と吸気を側面側から後方へ排気する、後方排気方式を採用することにしました。

    この方法の場合、大きな飛沫はマスクの下部から漏れにくくなります。
    また、会話時の飛沫も一度マスクに当たってからマスクーラーから後方に排出されるため、飛沫の拡散が最小限に抑えられます。

    吐き出したあたたかく湿った空気を、マスクーラーを介してマスク外へ排出するから、マスク内の温度が下がり息苦しさと暑苦しさが軽減されます。また、湿った空気も留まらないうえ、呼吸時にはフレッシュな空気が送り込まれるため、マスク内が蒸れにくくなります。

  • 従来品との違い

    マスクと顔の間にはさむマスクフレームやマスクスペーサーは、息を吸い込む際にマスクが口元に寄せられたり、口に張り付いてしまう事による、息苦しさや不快な感覚の軽減効果は見込めますが、結局は吐き出した空気がマスク内に留まるため、暑苦しさの解消は困難です。

    一方のマスクーラーは、
    吐き出した息がマスク外に排出されますから、
    暑苦しさはもちろん、息苦しさも同時に軽減されます。

  • アロマ機能の付与

    アロマは、マスクに直接塗布するのではなく、
    アロマシートに塗布する方式だから、
    シートを交換するだけで香りの変更が可能です。
    仕事中は集中力がアップする香りに、通勤時には自分のお気に入りの香りにするなど、マスクをする楽しみが増えます。

  • あとが付きにくくする為の工夫

    マスクーラーと肌が当たる部分にはスポンジ状のソフトパッドを配置しています。
    これは、本体と肌が密着すると、その部分に汗がたまり肌ムレをおこして、マスクを外したあとが残ってしまいます。それを防止するためにソフトパッドを配置しています。

※厚さが3mm程度までのマスクに使用できます。

装着方法

※アロマトレーが装着されている側の本体は、
 アロマトレーをあらかじめ外しておくと装着しやすくなります。

①マスクを表にします。
②本体をマスク本体に寄せます。
③本体のストッパーを持ち上げます。
④そのままマスクを本体に押し込みます。

アロマ装着方法

①アロマシートをアロマトレーにセットします。
②お好きなアロマをアロマシートにたらします。

  • ※この際必ず1滴ずつお試しください。
     多すぎると香りがきつく感じる場合があります。
  • ※アロマシートへは3滴以上たらさないようにしてください。
③アロマトレーを本体にセットしてください。

本体は、トレーが装着できるものと出来ないものがありますのでご注意ください。

  • ※本体をマスクに装着する際には、アロマトレーを外してから装着するほうが簡単に装着出来ます。
  • ※アロマの機能を使用しない場合は、アロマトレーを外して使用してください。

注意事項

  • 本製品は医療品ではありません。
  • 本製品は、ウイルスの感染(侵入)を防ぐものではありません。
  • 本製品をマスク以外に使用しないでください。
  • 本製品を花粉や粉じん、ガスなどを防ぐ目的で使用しないで下さい。
  • 本製品の装着については施設管理またはイベント主催者からの指示に従ってください。
  • 本製品は、飛沫拡散を防ぐことを目的とした商品です。
  • 花粉や粉じん、ガスなどウイルスなどを防ぐための物ではありません。
  • 改良のため予告なく仕様を変更する場合があります。
  • 肌の異常などが発生した場合は、使用を中止してください。
  • アロマシートにアロマオイルを入れすぎると香りに酔う場合があります。
    アロマオイルを使用する場合は、必ず1滴ずつ試しながらご利用ください。
  • 破損の原因となりますので、洗濯機や乾燥機は使用しないでください。
  • 変形した場合は使用しないでください。
  • 保管の際には、直射日光や高温多湿を避け、乳幼児の手の届かない清潔な場所で保管してください。
  • 破棄の際には、自治体(市町村)の指示に従ってください。